飼料製造部門

ファームイメージ

独自に研究・開発した飼料

部門概要

弊社は独自に研究・開発した牛用発酵飼料「FMフィード」、並びに「発酵TMR」を製造販売しております。またその他に、混合飼料・配合飼料・TMRなど、お客様のニーズに応える様々なタイプの飼料を開発しております。
※ FMフィード=Fermented Feed (発酵飼料)

工場イメージ

工場イメージ

飼料で循環型社会をつくる

現在、日本の食糧自給率は先進国の中で最も低い水準にあり、特に飼料用穀物はその殆どを輸入に依存しています。一方で、国内の食品産業からは大量の製造副産物や余剰食品が廃棄されているのが現状です。
そんな中、食品産業から排出される食品廃棄物の削減を求め、平成13年に食品リサイクル法が施行されました。この法律は、食品製造及び流通過程におけるロスを改善させるとともに、それらを有効に再利用し、持続可能な循環型社会(リサイクルループ)を構築することを目的としたものです。


弊社は飼料に携わる企業として、食品副産物を利用した飼料(エコフィード)の開発にいち早く取り組んできました。しかし、食品副産物は通常水分が多く、常温ではすぐに品質が劣化してしまうという問題があるため、様々な技術によって飼料化が進められています。弊社はその中で、乳酸発酵処理に着目しました。なぜなら、乳酸発酵した飼料は牛にとって大きなメリットをもたらすからです。

FMフィード製造過程

製造過程イメージ

独自開発の牛用発酵飼料「FMフィード」

弊社は自社農場で発酵飼料の試験を繰り返し、長期保存が可能であり、また栄養的に優れた飼料を開発することが出来ました。それが「FMフィード」です。 また、FMフィード応用した「発酵TMR」や、まったく新しい混合飼料「プラス1」など他にはない商品を展開しております。詳しくは商品紹介のページをご覧下さい。

商品情報のページへ


ピックアップコンテンツ

代表挨拶

商品情報

事業所一覧 北海道 東北 北陸 関東・甲信越 関西 東海 中国 九州

全国に広がるネットワーク

お知らせ

採用情報

関連企業

株式会社シガポートリー

株式会社シガポートリー 浜松支店

株式会社津別ファーム

東海ブリーディング株式会社

ページの先頭へ